交通事故相談のメリット・デメリット

自分では力不足と感じることであっても、特にそれが解決しづらい問題であるならば、弁護士に相談することで大きなメリットがあります。今回取り上げている面でいうなら、交通事故に関して、弁護士に相談するということは、大きなメリットがある、と言えます。何故でしょうか。まず一つ目は、『賠償金』(慰謝料)の金額を(依頼しないで行った時よりも)増額することができる可能性が高いからです。

交通事故に私達が『巻き込まれた』側…いわば、被害者であるとき、その事故を起こした当人、加害者側が加入している、『自賠責保険』の保険会社と交渉することになります。これはどのくらいの保障を受けられるかという点で、『どのように交渉するか』という点が金額に影響すると言えます。ですから、交渉に関して、被害者本人が行うよりも、弁護士に依頼した方が、結果的に慰謝料等の金額が高くなる、と言えます

ただし、どのような場合でも金額が上がるわけではなく、100%依頼したからと言って成功するわけではありません。失敗しないためにも、弁護士に依頼することに関して、今まで交通事故を扱ったことが多い、より経験と実績の高い、弁護士に依頼することができるでしょう。

参考資料<<交通事故被害者救済サイト>>